ニキビ跡の改善
湿疹

ニキビ跡がクレーターのように凸凹になってしまっているということに悩みを持つ人は性別を問わず多くいるようです。
クレーターのような状態になってしまったニキビ跡の原因としては、そのダメージが肌の奥深くまで及んでしまっていることが考えられます。
場合によっては、自然と治る場合もありますが、ほとんどの場合には専門的な治療が必要となります。
治療は美容外科などで受けることが出来ます。
ニキビ跡のタイプによりその治療法は異なりますが、専用の医療機器を使用した方法などがあります。
治療回数は、一度ではなく、複数回必要となるのが一般的です。
症状により回数は異なりますので、あらかじめ確認しておくようにしましょう。
診療は、事前の予約が必要となるのが一般的です。
電話やメールで予約を受付けているところが多く、中にはインターネット上でオンライン予約を行うことが出来る病院もあります。
自身の都合に合わせて予約をするようにしましょう。

クレーターの治療方法について

歳を重ねるごとにお肌の問題は深刻になってきます。
ハリやたるみ、くすみやシミ、しわなど人によって気になるところは様々ですが同じように悩んでいるのです。
ニキビ跡によるクレーターで悩んでいる方もいます。
にきびが炎症し、症状が悪化するとクレーターのように肌にぼこぼこと凹みが出来てしまうのです。
若いころににきびが出来るとつい潰してしまい、大人になって後悔している方が多くいるようです。
近年の医療の進歩により様々な方法での治療が可能となりました。
軽度の場合には、ケミカルピーリングと言うフルーツ酸など化学的なものを使用してお肌を削る方法があります。
症状が重い場合は、レーザー治療を用いることが多いです。
フラクセルレーザーは、レーザーの光をあて熱の刺激で皮膚組織の再生を促すものです。
FGF治療は最近注目されています。
お肌の凹んでいる部分にFGFという線維芽細胞増殖因子を注射し細胞を増殖させます。
コラーゲン注射やヒアルロン酸のように時間が経つとお肌に吸収されるというわけではありません。
効果は永続的で気になる副作用もないので心配ありません。
食事面ではビタミンB郡、ミネラル、ビタミンCなどを多く含む食材を積極的に取り入れることをお勧めします。
また、運動や睡眠などお肌に良いとされることは可能な限り行うことも効果的です。
レーザーなどで治療しているからと安心せず日常生活にも気を配り、体の内側からきれいにすることで、ニキビ跡も気にならなくなるはずです。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
    病院の薬

    ニキビ治療の長い歴史

    誰しも思春期の頃にはニキビに悩まされます。若者のニキビは成長ホルモンが原因で発生しますから、抑えられようと思っ...

    Readmore
    化粧品が合わない

    キレイな肌を取り戻すため

    ニキビというのは、どうしても気になってしまうものです。そのため、ついつい触ってしまう人も大勢います。しかしキレ...

    Readmore
    吹き出物

    ニキビ跡治療を効果的にするには

    美容外科などでニキビ跡やクレーターの治療をした場合、リジュビネーションも一緒に行うのが効果的です。リジュビネー...

    Readmore